通信教育の学習法

看護師 通信教育
Pocket

通信教育は、通学制で学ぶ以上に自分との孤独な戦いになりますが、「看護師になる」という同じ目標を持った仲間がいることは、少なからずメンタル的な支えになることでしょう。
いざという時に話せる同じ環境の友人がいることは、心強いものです。
また、学習を進める中で出てくる疑問点は、常に解決しておくことが大切です。
そのための環境を整えておくことは、自己学習をスムーズに進める重要なカギとなります。
看護師の通信教育課程では、それらに応えるサポート体制も充実しています。
中には教員が各県内に出向き、月1回程度のグループ学習会を実施している看護学校もあります。
また、ホームページ上に学生同士の掲示板があり、交流をはかれる看護学校もあります。
自己学習で生じた疑問点は、教員へ電話、メール、ファクシミリ等で質問することができ、ひとりひとりの学生に対し、細やかな指導が行われています。
加えて、学習に関する内容だけでなく、メンタル的な相談にも応じてもらえます。
基本的に自宅学習が中心となる通信教育では、自己管理や時間管理が重要になります。
病院で患者さんと向き合う毎日の中で、精神的な負担を抱えることもあるかもしれません。
看護師の通信教育課程に設けられたこれらのサポート体制は、学生がそうした環境で学ぶことも充分に考えられた上でのものなのでしょう。
学生同士の交流や教員への相談などを存分に活用し、モチベーションを保って履修期間を過ごしたいものですね。

関連記事
トラックバック
トラックバックURL