看護師国家試験を通信教育でしっかりパス

看護師 通信教育
Pocket

通信教育で看護師資格を取得できるというのは、忙しい生活を送っている准看護師さんにとってはとても魅力的な教育システムですね。
しかし当然のことですが、通信教育ともなれば自己管理が大きなポイントになってきます。
通信教育を始めたけれど何となく学習課程をスルーしてしまい、修了時にあまり結果がついてこなかった、という話を聞くこともあるでしょう。
また、通信教育修了後、本当に看護師の国家資格に合格できるんだろうかと不安な方も多いのではないでしょうか。
福島県の国際メディカルテクノロジー専門学校の通信教育は、看護師国家試験において合格率の高さに定評があります。
国際メディカルテクノロジー専門学校では、全国平均合格率78.7%を上回る83.6%の合格率を誇っています。
この全国合格率には通学制の学校に通った受験生も含まれていることを考えると、通信教育とはいえ全く遜色のない、それどころか上をいく高い合格率であることが分かりますね。
国家試験合格という最終ゴールを目指し、通信教育スタート時から合格を意識したプログラム構成になっているのが、福島県の国際メディカルテクノロジー専門学校の特徴です。
ホームページやEメールといったインターネットを駆使したネットワークだけでなく、電話でも常時教員にアクセスでき、必要なアドバイスやサポートを受けられます。
さらに2年時には本番そのままのような模擬試験を含めた「サクセスプラン」が用意されており、合格率の高さに納得です。

関連記事
トラックバック
トラックバックURL