看護師の面接で相手に伝えるべきこと

看護師 転職
Pocket

面接は看護師として転職する際に必ず受ける必要が出てきます。
そこで相手に伝えるべきことは、「いかに自分がこの病院にふさわしいか」ということです。
評価を上げるためにおさえておくべきポイントは、いくつかあります。
まずは予備知識です。
いかに自分がその病院に合っているかを伝えるためには、その病院についてしっかりと知っておく必要があります。
ホームページをチェックしておき、資料がある場合には、それを十分に頭に入れておきましょう。
ある程度の知識が入っていなければ、相手を納得させられるような答えは用意できませんし、とっさの質問に答えられない恐れもあります。
次は話し方です。
相手が聞き取りやすいようなハキハキした声を心がけましょう。
その際に、しっかりと相手の目を見ることも大切です。
話す内容が同じであっても、話し方によって相手に与えるイメージは大きく変わってきます。
小さな声は自信のなさを連想させますし、消極的なイメージを与えてしまいます。
そして、質問に対する答え方です。
好まれるのは、聞かれたことに対して端的に答えを言える人です。
実際の答え方としては、まず結論から述べて、その後に理由を話すのがいいでしょう。
その方が話したいことが相手に伝わります。
すぐに答えなければならないと焦って話し出すと、内容が支離滅裂になってしまう可能性が出てきます。
その場合は、多少間をとってでも考えをまとめた方がいいでしょう。
自分が看護師として、いかにその病院に合っているかということをアピールしつつ、転職の面接に臨みましょう。

関連記事
  • 看護師の転職の際の志望動機

    実際に働いてみると、想像していたのと違った。こういうことは、いろいろな職業でよくあることです。看護師として病院に就職したものの、人間関係や休日の研修会など、今の ...

    2017/05/06

    看護師 転職

  • 看護師の転職のデメリット

    近年、看護師の数が不足していると言われています。そのため、現在看護師として働いている人にとっては、より条件の良い職場に転職するためのチャンスが多いともいえます。 ...

    2017/05/04

    看護師 転職

  • 看護師転職サイトのデメリット

    現在の環境を変えようと、転職を考えている看護師の方々も多いようです。転職をする際、多くの人が看護師転職サイトを利用するでしょう。一般には公開されていない求人情報 ...

    2017/05/03

    看護師 転職

トラックバック
トラックバックURL