看護師の転職の際の志望動機

看護師 転職
Pocket

実際に働いてみると、想像していたのと違った。
こういうことは、いろいろな職業でよくあることです。
看護師として病院に就職したものの、人間関係や休日の研修会など、今の職場を好ましくないと感じている人も多いでしょう。
そういう場合、別な病院へ転職することを考える人も多いことでしょう。
そこで問題になるのが、履歴書の志望動機です。
志望動機で一番大事なのは、なぜその職場を選んだのかということです。
病院の数はたくさんありますが、そこでなければならない理由を明確にしましょう。
また、仕事に対する熱意や、自分がどういった看護師になりたいのかという看護観も大切です。
自宅から通いやすいなどの環境面での優位点を書いてもいいでしょう。
そうすれば採用する側も、無駄な心配をせずに済みます。
ただし、これらのことはあくまでも補助的に抑えておいてください。
志望動機で書くべきことは、仕事に対する前向きな姿勢です。
自分はこういう看護師になりたいというはっきりとした像があり、そのためには転職がベストだということを伝えましょう。
応募者が多い人気の求人の場合、履歴書だけで落とされてしまうこともよくあります。
ちょっとした書き方だけで受かるか受からないかが決まってしまうので、十分に考えて書く必要があります。
これから看護師として働いていくならば「どういう看護師でありたいか」を考えるのは決して無駄にはなりません。
紙に書き出して、しっかりと自分の看護観を明らかにしておきましょう。

関連記事
  • 看護師の転職のデメリット

    近年、看護師の数が不足していると言われています。そのため、現在看護師として働いている人にとっては、より条件の良い職場に転職するためのチャンスが多いともいえます。 ...

    2017/05/04

    看護師 転職

  • 看護師転職サイトのデメリット

    現在の環境を変えようと、転職を考えている看護師の方々も多いようです。転職をする際、多くの人が看護師転職サイトを利用するでしょう。一般には公開されていない求人情報 ...

    2017/05/03

    看護師 転職

  • 新人看護師の転職について

    初めて看護師として就職して働いてみたものの、思ったような環境ではなく、転職を考えている人もいるかもしれません。一般的に、卒業後3年未満のうちに退職して次の職場を ...

    2017/05/02

    看護師 転職

トラックバック
トラックバックURL